ロシアの犬の名前、政治家で多いのはトランプ

ワンちゃんのエサやり、ご家庭によって2回、人間と同じように3回与えているところも多いと思います。これに関して1万匹以上の犬を調査した結果、1日1回のエサやりが最も健康に良いことがわかりました。ただし研究者はこの結果を受けてエサやり回数を変える必要はないと説明しています。

アリゾナ大学やワシントン大学などが共同で行った調査として、ペットの犬1万匹以上に対して性別、年齢、品種などを考慮して集計されたデータを元に、餌やり回数とそのペットの健康を調査したところ、1日1回の餌やりで過ごしている犬は2回以上の犬よりも胃腸、歯科、整形外科、腎臓や尿、肝臓・膵臓などの病気を患い確率が低くなることがわかったとしています。

How Often Should You Feed Your Dog? Giant Study Reveals a Surprising Answer

ただ、1日1回の餌やりと健康状態は『一部の地域』で他の地域に犬より良い結果と関連していたとしており、他の地域では1回も2回も明確な差はなかったとしています。また餌やり回数と心臓、皮膚、神経の健康および癌の発生率に関する疾患リスクに差はありませんでした。

今回の研究に関してはあくまで飼い主の自己申告から1日の餌やり回数を示したものになている点、そして与えているエサの量については考慮されていない点は注意が必要です。

それにも関わらず1日1回の餌やりが想像以上に健康への利益に繋がっている可能性があるといい、現在主流の1日2回の餌やりという推奨事項は再検討する余地があるとも主張しています。
この研究内容を受けてこれまで2回あげていたのを1回に減らす必要はないと説明しており、今後1日1回のエサやりが何故健康に良いのかメカニズムを調査する必要があるとことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加