image_505

日々訳の分からない出来事が発生している航空分野。今回はとある旅客機が緊急着陸したのですが、その理由は機長がトイレに閉じ込められたというものでした。

海外の航空関連ニュースサイトによると、ジュネーブ州メイリンを拠点とするスイスの格安航空会社が運用するイージージェットのU26938は現地時間6月12日、ギリシャのイラクリオンからスコットランドの首都に向けて飛行していたところ、パイロットが原因で緊急着陸するハメになったと報じています。

INCIDENT An easyJet flight made an emergency landing with 'ill pilot stuck in toilet' - AIRLIVE

image_504

記事によると、この旅客機の機長はトイレに入ったものの、何らかの病気により出てこられない自体になり副操縦士が予想ではマニュアルにそって緊急着陸する対応をとったとのこと。同期は深夜午前1時20分ごろに着陸。

問題の機長はどうなったのかについてはよく分かっていないのですが、乗客の証言によると着陸するまで機長が出てこなかったとしており、当時滑走路には消防車5台、救急車2台という体制だったとのこと。この機長はかなり若い人物だったとしており、公式発表としては「病気になった」というものだけで詳しいことはよく分かっていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加