エアコン

男性と女性が同じ環境にいると女性はひざ掛けなどをする一方で男性は暑そうにしているそんな光景はよく見られるのですが、そもそもなぜ女性は寒がりなのでしょうか。

女性は男性よりも高温の環境を好む理由について男性は一度くらいはその理由を考えたことが有るのではないでしょうか。時に今の季節エアコンの設定温度について男性は高すぎる!女性は低すぎる!とご家庭ないでも温度設定が原因で喧嘩になるようなこともあると思います。

男性と女性の生物学的違い

ではなぜそうなのか。理由については男女が仮に同じ体重であっても筋肉量が違います。また女性は皮膚と筋肉の間の脂肪が多いため、血管からわずかに離れているため、皮膚は冷たく感じる傾向があるとのこと。
さらに代謝量も違います。女性は男性よりも代謝率が低い傾向があり、これにより寒い環境での熱生成能力が低下し、気温が下がるにつれて女性は冷たく感じやすくなるとのこと。


またホルモンも影響しています。
女性に大量に見られるホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは中核体と皮膚の温度に寄与しています難しい話にになるので一部だけ紹介すると、プロゲステロンはお腹の内臓を暖かく保ち女性は涼しく感じさせます。これにより女性の手、足、耳は男性よりも摂氏約3度低くなっているとのこと。

そしてプロゲステロンのレベルは排卵後の1週間で最も高くなるのですが、この頃、女性は特に涼しい外気温に敏感になる可能性があるとしています。

エアコンの温度はどうするべきなのか

問題は男性は熱い、女性は寒い感じる中間の温度にできればいいのですが、これも難しいことは明白です。特に職場などでは設定温度は双方納得できる温度にし、後は個々が扇風機を置いたり、ひざ掛けをおくなどして対応してもらうことがその環境での快適性と満足度が高いとしています。

ちなみに自然界でもメスは寒がり!?

ではこのような男女で感じる温度が違うのかという点についてはどうやら他の動物でも同様であることが分かっています。例えば鳥や哺乳類はオスは一般的に日陰の涼しいところを好む一方で、メスとその子供は日光のあたる温かいところを好む傾向があるとのこと。特にメスの哺乳類は体温調整が苦手な子供と一緒に温かいところにいることでより温かい気候を好むようになったのではないかという可能性が示唆されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加