イラン製自爆ドローン

大小様々なドローン(無人機)が使用される新しい時代の戦争が続いているウクライナ。アメリカ政府によると最近、イランがロシアに対して数百機の自爆ドローンをロシアに提供したという話を報じています。

いわゆるクアッドコプター型のドローンから、主翼のある小型プロペラドローンまで様々なタイプがあります。これ自体も偵察型から爆弾を落とすものや自爆するものまで様々あるのですが、今回イランがロシアに提供したとされるのは先端に主翼のある小型飛行機のような自爆用ドローンです。

Russia Getting Iranian Attack Drones Would Be A Very Big Deal

記事によるとアメリカ側の報道として、イランが7月上旬にもウクライナでの戦闘で使用できるようロシア軍を訓練しているという内容を付け加えているのこと。現在イラクにはいくつかの自爆型ドローンがありどのタイプなのかは記載はありません。

例えばこのようにトラックの荷台に5機ほど納め短時間に全機展開できるようなものがあるらしく、下の動画では実際の自爆攻撃の様子が確認できるのですが、例えば敵の自走ロケット砲や防空ミサイルといった軽装甲車、建物などに対してはこのドローン1機で潰すことができるくらいの威力があります。
つまり最近注目されている『より安価な兵器でより高価な兵器を無力化』できます。

この手のドローンは上空を飛行を飛行しているため戦闘機のように轟音を出しながら飛行するものではなく、人間の耳にはほとんど聞き取れず機体も小さく空色に塗装されていることから人間の目で発見するのも困難です。

つまりある意味で高いステルス性があるとも言え、迎撃するにもスティンガーといった赤外線誘導の携帯式のミサイルで追尾できるかという問題もあり、撃墜するにも高価な兵器を使用しなければならない問題もあります。

なぜここまでドローンが大量に使用されているのかは安価に導入することができ、使用方法も難しくないこと。小型であれば滑走路も必要なく敵に対して心理的な面も含め有効な攻撃を与えることができるというメリットがかなり多い兵器になっているためだと考えられます。

また記事によるとイランからロシアに対しての非公開商品を含むコンテナは300個あるとしており、そのすべてが軍事兵器ではないと考えられるのですがこのようなことが続いていると報じています。
このエントリーをはてなブックマークに追加