image_50

海外メディアによると、ロシアで貨物列車から金属を盗もうとしていた強盗2人が落とした金属片が原因で脱線する事故があったと報じられています。この事故で強盗の1人が死亡しています。

詳細は不明ですが7月16日午後3時46分頃、ロシアのトゥルスキー地域で12両の貨物列車が脱線するなどして4時間以上も路線が使用できなくなる事故があったと報じました。

見出しでも紹介したように、この脱線事故は人為的に発生しました。記事によると2人の強盗が輸送中の列車から金属を不正に盗もうと金属片を車輪に投げ込んだことで脱線したとしています。この事故で犯人の一人が死亡。もうひとりは逮捕されたとのこと。

image_49

image_48

この事故で249kmの路線が使用できなくなり7本の旅客列車に遅れが生じたとのこと。現在現場では仮復旧状態で修復工事が行われているとしています。

脱線した貨物車には石油を搭載していたものもあるのですが、これらも荷物からは流れたものはないとしています。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加