image_12

戦闘機という兵器が開発されて以降、機銃そしてミサイルが長く使用されてきましたが、新たにレーザーという新しい兵器が登場しようとしてます。海外メディアによると米空軍は軍需大手ロッキード・マーティンから機外搭載可能なレーザー兵器を受け取ったと報じられています。

The Driveによると、詳細は不明ですがロッキード・マーティンが側が記者団に語った内容として、2022年2月に同社が開発したLANCE(Laser Advancements for Next-generation Compact Environments)と呼ばれる高エネルギーレーザー兵器を空軍研究所に納入したと語りました。

この兵器は戦闘機では燃料タンク、もしくはミサイルなどを搭載できるところに設置可能なサイズになっていると考えられ、国防省側によるとこの規模のレーザー兵器としては過去陸軍が2017年に作った装置の1/6にまで小さくなっているとしています。
具体的にどの程度出力があるのかは不明ですが、陸軍のものは60キロワットとのことで今回納入したのは100キロワット以下と想像されています。

LANCE

この兵器がいったいどのような性能があり、どのような場面に使用するのかはよくわかっていません。

そのヒントとなるのは、ロッキード・マーティンが公開しているこちらの動画になるのですが、飛来するミサイルをレーザーで無力化するという映像が入っており、防御用として使用できることが伺えるものになっています。そのため現在の主力では数十km先にいる戦闘機等は狙ったとしても有効な攻撃を与えることはできないと考えられ、どちらかというと飛来するミサイル等を迎撃する、チャフやフレアを補助する装置にっている可能性があります。



ロッキード・マーティンとしては2025年までに戦闘機にレーザーを1つ搭載して飛行させるという計画を発表しているのですが昨今の社会的情勢から開発が遅れているとのこと。

ただこのレーザー兵器がどのくらい使えるものなのかは未知数であり、他の兵器を搭載できる貴重なスペースを潰してまで搭載する価値あるのかは今後5年から10年以内に結果がでてくるものと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加