image_60

高い信頼性が求められる遊園地の遊具。過去には過失による死亡事故も発生しているのですが、一方韓国にある遊園地ではここ2ヶ月で5回も故障するという曰く付きの遊具があると報じられています。

韓国メディアKBSによると江原道春川にある遊園地(レゴランド)の展望遊具が地上25mの高さで停止、乗っていた19人が2時間半後に救出されるという事故がありました。問題なのはこの遊園地ではわずか2ヶ月で何らかの事故を5回も発生させている点です。

事故画は発生したのは21日午後12時半頃。突然遊具が停止し、40分が過ぎたところでようやく消防に通報が入ったとのこと。その後19人全員が救助されました。



レゴランドコリアマーケティングマネージャーによると「器具が止まることが非常に異例だ」などとよくわからないことを主張しています。遊園地側は遊具が異常信号を感知して止まった可能性があるとして正確な事故原因を調査しています。

この事故に関して乗り合わせた乗客の払い戻しなど対応を行うと発表しています。ただ、相次ぐ事故の発生に利用者の不安感は増していると報じています。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加