バイカル湖の森林火災

世界一の透明度を誇るロシアのバイカル湖。ここにしかいない固有種も多いのですが、湖東岸の森林地帯で大規模な火災が発生していると報じられています。

ロシア関係のニュースサイト『Siberian Times』によると、ロシア東部にある巨大な湖『バイカル湖』の東側で大規模な森林火災が発生していると報じています。記事によるとこれまで消失したのは10万ヘクタールとされており、先週の倍近くに広まっているとしています。

Wildfires around Lake Baikal are 'close to catastrophic', say WWF

火災が発生した理由として今年の夏、バイカル湖周辺では場所によっては3ヶ月にわたり雨らしい雨が降っておらず、気温40度を越える日が60日もあったとしています。その為、多くの動植物が死に絶えておりWWF(世界自然保護基金)今回の森林火災も加わったことで「壊滅的な状態に近い」と発表しています。 

▼バイカル湖からみた対岸の森林火災


現在火災の鎮火に向け空からは航空機が、一方陸からは車両が入り込むことができないエリアに火災が広がっているため人の手による消火活動が行われているそうです。

▼8月31日現在、炎上しているエリア
バイカル湖の火災_1
Photo:Scanex

バイカル湖の火災_2
Photo:Anton Klimov

バイカル湖の火災_3
Photo:Anton Klimov

バイカル湖の火災_4
Photo:Anton Klimov
このエントリーをはてなブックマークに追加