ZAPZAP!


韓国、インフルエンザワクチン接種による死者・異常症状相次ぐ?

image_87

今年は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が起こる可能性があり同時感染するという未曾有の危機に備えるため各国で対策が実施されています。その一つ韓国では既にインフルエンザウイルスのワクチン接種が進められているのですが、接種後6日間で27人が死亡したと報じられています。 続きを読む

魅力度最下位、栃木県知事が乗り込み抗議 ネット「恥の上塗り」

image_86

先日、調査会社であるブランド総合研究所が発表した47都道府県の魅力度ランキング。テレビ等でも報じられ話題を集めていたのですが、最下位となった栃木県の知事が自ら調査会社に抗議するという行動が確認されたと報じられています。 続きを読む

唐揚げ内部がピンク色…食べても大丈夫なのか?

image_84

2020年も残すところ2ヶ月あまり。年末にはクリスマスや忘年会など鶏肉を食べる機会も多くなると思いますが、調理された鶏肉を食べたところ、内部から赤みがかったピンクの肉が出てきたことはないでしょうか。今回は年末年始までに知っておきたいピンクの肉問題について紹介していきます。 続きを読む

医師「死亡確認」→葬儀場で復活→2ヶ月後に死亡

image_120

数年に1回ほど報じられるのは、死亡が確認されたにも関わらず安置所などで蘇る例です。これに関して先日アメリカで死亡確認後に蘇った人が2ヶ月後に本当に死亡してしまったと報じられています。 続きを読む

韓国「軽空母より正規空母の方がお買い得じゃね?」

image_82

先日、韓国海軍が政府に対して要求していた軽空母の導入計画。これはF-35Bという短距離・垂直離着陸型の最新鋭機を運用するという、米国で言うところの海兵隊のような運用を目指しています。しかし、韓国では高コストのF-35Bを運用するくらいなら正規空母でF-35Cを運用可能な船体のほうがコスパが良いという指摘がでていると報じられています。
続きを読む

次世代小直径爆弾『ストームブレーカー』、米軍が一年遅れて実戦配備した理由

GBU-53B ストームブレイカー

戦闘機から戦車、そして艦艇まで様々なターゲットに攻撃可能な戦闘攻撃機。この種の戦闘機は『マルチロールファイター』などとも言われているのですが、このような機体で運用可能な次世代小直径爆弾が一年ほど遅れて今月実戦配備されたと報じられています。 続きを読む

イギリス軍人「酔っ払った状態で核ミサイルを交換してみた」

image_75

核兵器を保有する国の一つ、イギリス。先日、核戦力中核を担う潜水化発射弾道ミサイルを運用可能な潜水艦で、酔っ払った状態のイギリス海軍士官が弾道ミサイルを交換を指揮していたことが明らかになり、職務が停止されたと報じられています。 続きを読む

中国の爆撃機、初めて空中発射型弾道ミサイルの運用確認

H-6N_DF-21D_DF-17

急速な軍事力を高めている中国人民解放軍に関して、先日中国空軍の爆撃機に空中発射型弾道ミサイルと推定される兵器を搭載し飛行している様子が初めて撮影されたと報じられています。 続きを読む

↑このページのトップヘ