image_117

昨年のクリスマスから早くも1週間が経過しましたが、海外ではこのクリスマスでおなじみのサンタクロースが老人ホームに訪れたところ、新型コロナウイルスの集団感染が発生し現時点で26人が死亡する出来事が発生したと報じられています。

簡単にまとめると
  • 12月5日、老人ホームにボランティアのサンタクロースが来る
  • 8日に最初の感染が確認
  • その後、入居者111人、職員36人が感染。入居者の26人が死亡
  • 市長は老人ホームの新型コロナ対策が嘘だと批判
海外メディアによると、モルという地域の老人ホームに先月5日、サンタクロースに扮した一般人のボランティアが訪れプレゼントを届けるイベントを行ったといいます。ベルギーでは毎年6日頃にプレゼントを届ける習慣があるらしくこれ自体は珍しいものではないのですが、その後この老人ホームで新型コロナウイルスのクラスターが発生し入居者26人が死亡する出来事になっているとしています。

ベルギーの保険当局者によると5日に訪問したサンタクロースがクラスターの原因になったとは断言できないとしているものの、この人物も新型コロナウイルスに感染していたことに当時知らなかったといい、その後行われた検査ではやはり陽性となりました。

この老人ホームでは入居者111人および職員36人が感染しておりうち26人が既に死亡しています。経緯としては集団感染が発生したのはボランティアが訪れた3日後でした。

ただ、多くの人が疑問に思うのはなぜこれほどの集団感染が短期間に発生したのかです。つまりこの老人ホーム自体に新型コロナウィルスの対応がほとんどされていなかったのではないかという疑問がでてきます。

これに関して市長は老人ホームの対応に問題があったと批判しており「老人ホームがこれまで新型コロナウイルス対策をしていたというのは嘘だ」としており、当時撮影された写真なのかは不明なのですが具体的な資料を出した上で批判を繰り返したとのこと。

新型コロナの蔓延がこれほど社会問題になっているにも関わらずこれまで通りイベントを行ったことについてはサンタクロースにも批判が寄せられているとのことです。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加