image_12

新型コロナウイルスを機に例えばテレワークやオンラインの飲み会、また中には新しくYouTuberをはじめたという方も少なからずいると思います。当然マイクやカメラを使用することになるのですが、この時入ってくる自分以外の不要な音を消すことができる非常に安価なノイズキャンセルソフトを紹介します。

Futurismという科学系のサイトに掲載されたのは今回紹介するKrispというソフトです。このソフトはテレワークやYoutuber環境で必要になると考えられる録音の際に周囲の不要な環境音を消すことができるというものです。対象OSはWindowsとMacで、一般的なデスクトップPCやノートPCで使用することができます。

Krisp | Noise Cancelling App

録音環境がないためどの程度使えるソフトなのかは不明なのですが、KrispによるとZoom、Skype、Meetなどの800を超える通信アプリで不要な音をすべて除外することができるとのこと。開発にあたってはディープニューラルネットワークを介して高度なAIを使用したといい、例えば20,000のサウンドと50,000のスピーカーを分析し、これによりすべての不要なサウンドを完全にブロックして人工的な静音を作る高価なノイズキャンセルヘッドフォン製品よりも優れた環境を提供するとしています。



Krispのページでは例えばYoutuber活動では再収録になりそうな犬が吠えてしまったという場合も有効で、近くに道路があるばあいも同様に騒音を消してくれるとのこと。またキーボードの打音やクリック音、赤ちゃんの鳴き声などビデオ会議では問題になりそうな音も消してくれるとしています。

Krispは収録時にノイズキャンセルを入れる方法と、入ってくる音(つまり音楽やラジオ、様々な動画)からノイズキャンセルを行える方法があります。

Krispは1週間に120分以内は無料で、それ以上は月3.3ドルという牛丼一杯ほどの値段で利用することができます。まずは一度無料で試されるのもよいかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加