image_94

今月22日、中国の海南島にある文昌衛星発射センターから新たに開発された長征シリーズである『長征8号』の打ち上げに成功しました。長征8号は将来的に第一段目地球に返すことで再点検し再使用するという再使用型ロケットとして運用を目指しています。

今回中国が新たに開発したロケット長征8号を打ち上げ合計5つの人工衛星を打ち上げました。基本的に初号機のロケットは人工衛星の重量に合わせたダミー衛星を搭載することが多いのですが、今回は実際に運用する人工衛星を搭載したとのこと。


長征8号ロケットは中国が運用する長征シリーズの最新型になるもので、全長は50.34mあります。中央のコアロケットは直径が3.35mで左右に補助ロケットを搭載した一般的な打ち上げ構成です。中央のコアロケットには長征7号に搭載されていたYF-100エンジンを2基搭載。左右の補助ロケットには1基のYF-100エンジンを搭載。こちらは直径が2.25m、全長は26.903メートルあります。YF-100エンジンは液体燃料を燃焼するエンジンです。

打ち上げ能力については太陽同期軌道5トン、国際宇宙ステーションが周回しているような地球低軌道に8.4トンを投入でき、一般的なロケットと同等な打ち上げ能力があります。

▼長征8号の再使用に向けた回収技術(CG)
長征8号の第一段目

長征8号シリーズ最大の特長はこのロケットはアメリカのスペースXが運用しているファルコン9のように第一段目を地球に帰還させ整備し再使用することを目標にしています。今回打ち上げたロケットには再使用するための装備は搭載されなかったものの、将来的にファルコン9のように着陸脚とロケット本体にグリッドフィンと呼ばれる制御翼を搭載する予定です。

▼長征8号の着陸脚
着陸脚


長征8号は補助ロケットを搭載した状態で回収を行なう予定です。派生型として補助ロケットをついていない中央のコアロケットのみの打ち上げ回収を行なう予定があります。

スペースXが回収を行なうまでに相当回数の試験を行っており、長征8号では少なくとロケットの打ち上げによる回収試験などは行っておらず、ファルコン9のような運用レベルに達すのは2.3年先と考えられます。



第一段目の回収を行なうことでロケットの運用コストを大幅に下げることができます。費用対効果は極めて高く、例えば日本のロケットのように回収型ではないものに比べると打ち上げ費用が大幅に安くできます。したがって、人工衛星を打ち上げ輸送費用で儲けようという商業打ち上げを行なうのであればロケット本体の回収を行なうことはほぼ必須技術になることは明らかです。
このエントリーをはてなブックマークに追加