image_84

長距離から敵を仕留める狙撃銃。映画やゲームでは頻繁に登場する分野になるのですが、ロシアの武器製造企業が射程2マイル、3.2km以内のターゲットを狙うことができるという新型ライフルを開発したと報じられています。

中国環球網軍事版によると、海外メディアが報じた内容としてロシアのロバエフ・アームズ社はSVLK-14Sという新しい狙撃銃を開発したとしており「戦場におけるゲームチェンジャー」と記載してます。

俄罗斯造出“最致命”狙击步枪 能从3公里外一发毙敌

image_85

記事によるとSVLK-14Sは有効射程、つまり人を殺傷可能な有効射程は2マイル(3.2km)で銃本体は10kg、狙撃銃では一般的なシングルアクションで手動装填が必要だとしています。ロバエフ・アームズによると、狙撃銃は「フェラリーやポルシェのように1つずつ、専門家とプロの狙撃手により作られたものだ」と説明しているとのこと。


使用している銃弾は408口径の弾丸(10.36 mm X77 mm)を使用し、初速(砲身から飛び出す弾丸の速度)は毎秒900m。同社はこの弾丸から守る事ができる防弾スーツなどは存在していないと説明しています。

ただし、殺傷範囲は3.2kmはあるものの当然命中しなければ殺傷能力も意味がないものとなるため、スコープといった銃本体以外についても当然それに合った性能が求められるということになります。



狙撃銃による当時の世界最長記録としてはフランス軍による陸軍演習場で行われたものとして3695mというものがあります。使用された銃はアメリカ企業のCheyTac LLCが開発した『M200』というものです。
ただ、このような記録は普通の狙撃兵が行えるようなものではなく、この記録を出すため数名の兵士を3年間訓練したもので、実際の戦場ではない特殊な環境下でのみ実現できたというものになります。ちなみにこの記録はHill County Riflesというチームにより破られ3849mまで伸びているとされています。
このエントリーをはてなブックマークに追加