image_129

台湾で先日今年4月から新規の新型コロナウイルス感染者が出ていなかったものの、30代の女性が感染したと発表しました。この女性はコロナに感染した外国の人と接触歴があったとしています。

ロイター通信によると今月22日、台湾の保健当局は30代の女性が新型コロナウイルスの陽性判定を受け感染したと発表しました。台湾国内における新型コロナの新規陽性者は4月12日以降でておらず実に255日ぶりとなりました。

記事によるとこの女性は今月8~10日にかけニュージーランドのパイロットと接触していたことが明らかになりパイロットもアメリカに行ったことがあり今月20日に感染が確定していたとのこと。ロイター通信によるとこのパイロットについて、自分が過去にどこに立ち寄ったのかなど正しく申告していなかったといい台湾における新型コロナウイルス拡大後に設けられた法律に抵触するようなことを行っていたとのこと。

感染が確認された女性と接触した人の追跡を行い167人がその対象となりました。またニュージーランドパイロットも台湾国内にいるといい、この人物が通っていた場所などを発表。その地域の人に健康状態を確認するよう求めたとしています。

台湾では今月初めににフィリピンからの入国してきた移住労働者が隔離されたもののルールを破り8秒間外にでたことで10万台湾ドルの罰金を受けたことがあります。台湾における累積感染者は771人、死亡者は7人となっています。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加