image_41

誰もが患う可能性があるうつ病。これに関して地域の環境からうつ病発症のリスクに関して自宅の近くに樹木があるだけで抗うつ薬を処方されるリスクが低下することがわかったと報じられています。

仕事や家庭、学校、職場、など様々な原因で患ううつ病。まさに現代病の一つなのですが、これに関してUFZ(ヘルムホルツ環境研究センター)、iDiv(ドイツ統合生物多様性研究センター)、ライプツィヒ大学の研究チームが行った共同研究として、自宅の周囲100mの範囲に樹木が増えると抗うつ薬が処方されるリスクが低下することがわかったと発表しています。

There's a Curious Effect Urban Trees Might Have on Depression, Study Finds

都市の緑地は精神障害(例えばうつ病)を経験している人々に利益をもたらすのは実証済だったものの、このような同様の研究はあくまで本人の自己申告であり、正確なものとは言えなかったとのこと。そこで、研究チームは街にある街路樹の数と種類、自宅からの近さなどデータを収集しドイツの中規模都市1万人を多少に研究を進めました。

抗うつ薬の処方と人々の家からさまざまな距離にある街路樹の数との関連を特定し、家のすぐ近く(100メートル未満)の樹木が増えると、そうではない地域の住民よりも抗うつ薬が処方されるリスクが低下していることがわかったとのこと。

研究チームによるとどの樹木が良いということはなく、どのようなタイプの樹木でも同様の傾向がみられたとしています。


研究の筆頭著者によると「私たちの調査結果は、街路樹が、経済的に異なる社会集団、健康格差のギャップを埋めるのに役立つことを示唆しています。街路樹は比較的簡単に作ることができ、計画を立てなくてもその数を増やすことができるため、これは朗報です」と話しています。

ドイツでは特に街路樹に恵まれない地域の住民は抗うつ薬を処方されるリスクが最も高いとしており、都市の街路樹は良好な精神的健康のための自然ベースの解決策として役立つことができると主張しています。

新型コロナウイルスを機に観葉植物が売れたり、自宅で家庭菜園を始める人が増えたというニュースを数多く見聞きしましたが、私達は知らずしらず植物のヒーリング効果を感じていたのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加