7132.jpg

 中国ではインターネットで「フェラーリ」が検索出来ない…?実は今年の3月に発生した中国共産党幹部「令計劃氏」の息子が原因だとするという見方が強いそうです。

フェラーリで事故死した男
 共産国家にも関わらず一般市民が買えないようなフェラーリを乗り回し、事故死してしまった男性。いったいこの男は誰だったのか。

 この事故は今年の3月、北京の北京四環道路で発生したもので500万人民元(約6200万円)するというフェラーリ458スパイダーが猛スピードで壁に突っ込み、運転していた男性(23)が死亡。同乗していた女性2人も重体を負いました。いずれも3人は全裸に近い状態だったとされ、なぜ2人乗りの車に3人が乗っていたのかなどについて理由は明らかになっていません。

 当初この事故は「賈」という男が死亡したと報道され、当時中国共産党序列4位の賈慶林・人民政治協商会議主席の息子ではないかと噂が広がりました。しかし、北京のメディア消息筋によると「最高位層が事件と関係し、緘口令が下された」と述べ、死亡証明書に書かれた死亡者の名前「賈」は偽装されたものだとしています。

 この時から言論統制が行われ中国国内で「フェラーリ」という文字が検索できなくなったといいます。明らかにおかしいと今回の事故に目をつけたのは香港紙サウス・チャイナ・モーニングポスト。実はこの事故で死亡した男は中国共産党幹部の令計劃氏の息子である可能性を指摘しています。

c14cb939.jpg
写真:令計劃氏

 サウス・チャイナ・モーニングポストによると、令氏は1976年に共産党に入り、たたき上げとして20代のころから後の胡錦濤国家主席の側近中の側近としてつかえ、腹心として信頼されていたといいます。統一工作部長の要職に就いており、常務委員入りは確実視されていたものの、今回中国共産党が出した首脳人事つまり、総書記・副主席・常務委員からなる上位7人「神7」の中に令計劃氏の名前が入りませんでした。

 今回の共産党首脳の権力争いで胡錦濤派は敗れる形になったものの、令氏が再浮上しなかった背景はあのフェラーリ事故が影響していることは間違いないとしています。

参考:niftyニュース