7623

去年は金の取引価格が高騰しているということで、金の採掘が世界で話題になりました。そんな中、オーストラリアでは金属探知機を使用していたアマチュア探鉱者が巨大な金塊を発掘したそうです。

今月16日、オーストラリア南部の町バララットでアマチュアの探鉱者が重さ5.5kgの金塊を発掘し話題になっています。匿名を希望する発見者によると、金属探知機を使って地表から60センチ強の深さに埋まっていた金塊を発見したといいます。

同日16日午後、発見者は地元で金を取り扱う店に来店。店のオーナーは「満面の笑みで目が輝いていた」と話しています。オーナーによると、「ここ10年は、1kgを越える金塊を発掘するのは極めて困難だった。今回の(5.5kg)の金塊は極めて珍しい」とのこと。
バララットは1851年頃から金塊が頻繁に発見されるようなり、当時から現在まで探鉱者が多く訪れるといいます。



今回発見した金塊は2700万円の価値があるということで、 探知機メーカー関係者によると、このような自然にとれた金は同じ重さの金よりも10~15%ほど高く取引されるそうで、非常に珍しい今回の物は20~30%ほど取引されうだろうと予想しています。

ちなみに、今回金塊を発見した探鉱者は7000ドル(約63万円)の金属探知機を使用していたとのことです。

世界最大の金塊



こちらはアメリカ、ラスベガスに展示されているのは自然からとれた世界最大の金塊です。「HAND OF FAITH」と名付けられた金塊は47cm?20cm?9cmあり重さ27.6kgです。
1980年10月8日、オーストラリアのイングルウッドのビクトリアという小さな街でケビン・ヒリアーにより発掘されました。売却額は当時の価格で100万ドル(約9000万円)、現在の金の取引額で換算(1g=5,000円)すると1億4000万円ほどになります。

参考:CNN
このエントリーをはてなブックマークに追加