7522

iPhone 3GS…懐かしいですよね。今やiPhone5が発売され、5sの発売が噂されるなか未だに中古ショップやヤフオクで取引されるiPhone3GSがあるのはご存知でしょうか。 今回はその理由について考えてみました。

「iPhone3Gよりも処理速度が2倍になった」などと、iPhone 3GSが発売されたのは今から4年ほど前の2009年6月。それから4、4S、5と販売され今や3GSを使用していている人はほとんど見かけません。

さて、売れに売れた3GSや過去の機種は人の手を離れどこへ行ってしまったのか。「壊れて捨てた」「友達にあげた」という人も多いと思うんですが、実は中古ショップやヤフオクには未だに3GSなど過去に発売機種が売られているのはご存知でしょうか。「いったい何のためにこんな古い機種を・・・」と思ってしまったのでその理由について、私なりに考えてみました。

ヤフオク、落札制限無し
実は、ヤフオクのアプリをiPhoneシリーズにインストールすると通常5,000円以上の落札に必要なプレミアムアカウント(月399円)が不要で、いくらでも落札が可能になります。実際のところ落札後の取引について小さいが画面で行うのは面倒なので、iPhoneで落札してパソコンから取引連絡をするということも可能です。

GPS・デジタルコンパスが付いている
iPhoneシリーズにはtouchシリーズにはないGPS、デジタルコンパスが搭載されています。これにより、モバイルWi-Fiがあり電波がある環境だと地図アプリも使用可能で、デジタルコンパスによる方位磁石機能も使えるので海や山のレジャーにも使えるかもしれません。

カメラやマイクも付いている!
iPhoneシリーズには旧touchシリーズにはついてなかったカメラやマイクが付いています。そのため、音声や写真による記録やそれら機能を使用するアプリも利用できます。

音楽プレイヤーとして
やはり最大の魅力は「音楽プレイヤーとして持つ」というものではないでしょうか。音楽を聞きながらスポーツを楽しむというのは危険な場合があるんですが、例えば普段使用している携帯電話(スマホ)を落として壊したくない、身に付けるたくないという場合にはこういった古い機種をあえて使うというのも良いでしょう。

アクティベートカードが必要!
中古のiPhoneを買っても実はそのまま使用することは出来ない場合があります。これはiOS等の更新時にSimカードという携帯電話を契約時にもらえるカードが必要になってきます。しかし、amazonnなどでこれに相当するアクティベートカードなるものが販売されています。

【iOS6対応】 ソフトバンク専用 iPhone アクティベート カード 【iPhone 4  4S 全 iOS 対応 6.1.2 確認済】 M&S オリジナル商品 ( Nano SIM にカットすれば、iPhone5 にも使用可能)
【iOS6対応】 ソフトバンク専用 iPhone アクティベート カード 【iPhone 4 4S 全 iOS 対応 6.1.2 確認済】 M&S オリジナル商品 ( Nano SIM にカットすれば、iPhone5 にも使用可能) [エレクトロニクス]

ちなみに・・・
「itunesの同期はどうなるの?」という疑問についてはキーボードのシフトキーを押しながらitunesを起動すると別にライブラリーを作ることができ、2台を個別に同期させるということも可能です。もちろん使用しているアカウントが同じならば、購入した有料アプリも無料ダウンロード・同期させることができます。
我ながら酷い記事内容なったと実感があるんですが、スマホやその他デジタル端末が安く帰る時代にあえて古い機種を購入するという魅力はあまり感じません。 正直なところ、私がガラケーとsimフリー版のiPad、そして3GSを場面によって使い分けるというよく分からない使い方をしており、「こういった使い方もあるんじゃないか」と記事にしただけのことです。

そんな環境で私はiPhone3GSを枕元に置き、寝る前・目が覚めた時に“面白い記事を探し”に利用しています。寒い冬は布団の中からiPhone3gsを使用し遠隔操作でPC電源のon、記事をお気に入り登録し再び寝るという使い方もしています。とはいえ、「それでも、あまり利用はしないな」というのが感想です。

ヤフオクでのiPhoneの取引相場としては3GSが7000円~10,000円、4は10,000円~15,000円のようです。 
このエントリーをはてなブックマークに追加