8296

今年の3月、岡山県を中心にの交通事業を展開している「両備グループ」がバーチャル社員「七葉院(しちはいん)まゆせ」というキャラクターの入社式を行いました。合わせて関連グッズも販売され始めたそうなんですが、大変なことになっているそうです。

異例とも言える関連グッズの大量投入しているのはバーチャルアイドルの入社式を行なってしまった「両備グループ」です。これまでも『萌えブーム』にあやかろうと企業や地域がオリジナルのキャラクターを作り販売するという方法がとられた例はいくつかありますが、発表から短期間でこれだけの量を販売するというのは非常に稀です。

具体的に何が販売されているのか。抱き枕カバー、のぼり、のれん、お風呂ポスター、Tシャツ、マウスパッド、スマホカバー・・・。ざっと見た感じだと“無いのはフィギュアくらい”でそれ以外は「基本的な所は抑えてある」という力の入れ具合です。

676b6666.jpg
さらに、こちらの等身大スタンドはA、C、Bの3タイプがあり、いずれも価格は4万5000円。数量限定商品ということでぜひ手に入れたい商品になっています。また、5000円のミニスタンド版もあるので「デカすぎる!」という人はこちらを購入するのもいいかもしれません。

04fb9f79.jpg
設置例:七葉院まゆせと両備グループ 小嶋光信代表

41b6d702.jpg

「さすがに4万5000円は出せない!」「もっと小さく折りたためるもので・・・」という方にオススメなのは「のぼり」です。商品には大のぼりAとBがあり、なんとサイズは2700mm?900mm!価格も7,000円とパネルに比べると控えめに設定されています。

七葉院まゆせと両備グループ

2013年3月8日、グループ主催イベントで“入社式”を開き仮想女性社員のお披露目を行いました。キャラクターの名前は同グループの社歌にちなんだ「七葉院(しちはいん)まゆせ」。キャラクターは両備グループの社員から公募した自社製作になります。

業界でも異例とも言えるバーチャルキャラクターを採用した理由について両備グループによると「観光バス利用客は高齢者が多く、若年層の顧客開拓が狙いだ」と述べています。また小嶋光信代表は「とてもかわいらしいキャラクター。親しみやすい企業イメージを発信したい」と述べています。
両備グループ関係者は「目標は人気仮想アイドルの初音ミク。様々な場所に登場させ、いつかは追いつければ」と当時話していました。

1c5341ed.jpg

写真:「FUSOきゃろるさん@fusocarol: 」(ついっぷるフォト)

参考:七葉院まゆせオフィシャルサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加