8459

電化製品はいつかは壊れますが、ゴミとなった電化製品はいったいどこにいくのか。CNNはこれら電化製品の70%は最終的に中国に運ばれ処分されていると報じました。

米CNNが報道したのは「全世界の電子ゴミのゴミ箱」という題した番組です。番組では私達の生活に欠かせない大型家電、テレビ、冷蔵庫、エアコン、そしてパソコンといった電子機器はその7割が最終的に中国にたどり着くと指摘。これら電子ゴミは国連で海外移転が禁じられいるものの多くは違法な手段を介し中国内に持ち込まれるとのことです。

8460

そんなゴミを処理しているのは中国広東省汕頭市の貴嶼鎮。リサイクルを産業としている街には2009年の段階で5500社が確認されています。街に住む9割が廃棄物処理工場で働いており、多くは電子ゴミを素手で解体し、中から貴重な金属を取り出す仕事をしています。防毒マスクなどは使用しておらす、工場からの廃水も河川に垂れ流しの状態。現場は鼻をつく刺激臭が立ちこめ、同地に住む子どもの血液からは平均値を大きく超えた鉛が検出されているとのことです。

中国では海外からのゴミ輸入を規制する方針を明確にしているものの、国連は中国国内で生み出された電子ゴミの数量も急速に増えつつあると指摘しています。中国では2007年に中国版RoHS指令とよばれる「電子情報製品生産汚染防止管理弁法」が施行され、鉛や水銀といった有害物質が含まれる製品について販売が規制されています。

参考:Record China
このエントリーをはてなブックマークに追加