8656

描かれた壁画は古代の人類が残した宇宙感?!アパラチア山脈の岩肌に複数刻まれている壁画は、計画的に彫られたものでそれは宇宙感を表すものだとしています。

古代に描かれた壁画と言えば一般的に当時の生活を残したものが知られています。一方、アパラチア山脈の岩肌に刻まれた壁画は北米に残されたものとして広範囲に点在しており、また最も古いと言われています。そんな壁画についてテネシー大学の研究チームによると、これらの壁画は宇宙的なパズルを解き解き明かすため計画的に描かれたものだとしています。

8657

テネシー大学のSimek教授によると、 これまで北米で発見されてきた壁画は、合わせて巨大な構図を作ることにより、これらの総体としての壁画は先史時代の人たちの宇宙感を表現していると述べています。また、研究チームは論文を通じ自然の岩石に刻まれた壁画芸術は、先史時代のミシシッピ時代における宗教観を3次元の宇宙として反映したしたものだとしています。

これら壁画が描かれたのは今から6000年前と考えられています。

8658

8659
 
参考: Technobahn
このエントリーをはてなブックマークに追加