8687

アメリカで今月販売されるのはゲーマー向けヘッドセット。それもただのヘッドセットではなく、自身の脳に電気を流しゲームを有利に進めようというモノです。

2013年7月に販売されるという「FOC.US」は脳に電気を流すことで使用者の反応速度を早くすることができると唄う商品です。具体的には脳卒中などで脳機能が低下した際の治療で行われるtDCS(経頭蓋直流電気刺激)の技術を用いて、脳の特定の部位に電気刺激を与え反射速度を高めるというものです。

FOC.USはiPhoneから操作可能で電源のON,OFF、使用時間や電気刺激の強弱をコントロールできます。FOC.USに内蔵バッテリーがあり有線で充電することで、外出先での使用もできます。

8686

ちなみに、同製品は電化製品としての認可は受けているものの医療機器ではないのでアメリカ食品医薬品局の認可は受けていないとのことです。価格は1台249ドル(約2万5000円)。

8682
着用例

8683
端子はスポンジ付き

8684
充電中?

8685
専用ポーチ付き

電気刺激は有効か?

ぱっと見た感じだと胡散臭い商品なんですが、脳に電気を流しゲームが上手くなるのかという研究は既に行われており、結果が分かっています。

ニューメキシコ大学の神経科学者がDARPA(アメリカ国防省防衛高等研究計画局)の出資により行った研究では、米兵訓練用に開発された「DARWARS Ambush!」をボランティアにプレイしてもらい、電気刺激の有無でどのような差が出るのか研究しました。

この研究では9ボルトの電池で動く装置を使い頭皮に電流を送った所、送った人と送らなかった人との差は送らなかった人と比べゲームのスコアが2倍も違ったとしています。

参考:DNA,FOC.US
このエントリーをはてなブックマークに追加