スパイとして活動していたユリ・ゲラー

超能力者ユリ・ゲラー。あまりにも有名な人物なんですが、実は過去にスパイとして活動していたことを明らかになりました。もちろんその方法とは超能力を使ったものだそうです。

今月21日、BBCで放送された「ユリ・ゲラーの秘密生活」という番組に登場したのは本人。これまで噂されていたスパイについてこれを認めた上で、実際にどのような活動を行なっていたのか初めて明かしました。

本人によると、13歳の時にキプロス共和国へ引っ越した時、父親が働いていたホテルで一人の男性と出会い、念力で読みスパイであることを見ぬいたといいます。これを告げた所男性は驚き、ユリ・ゲラー氏に協力を依頼したといいます。

その後、1960年代にイスラエル軍兵士となり70年前後にはサイキック・エンターテイナーとし現在しられるユリ・ゲラーになります。イギリスで購読者が最も多いというSAN紙によると、超能力者として世界的に有名な存在となりつつあった当時も、イスラエルのモサド、米国のCIAといった諜報機関から「密かに声を掛けられていた」とし、70年代には当時アメリカのジミー・カーター大統領から命を受けた米国務長官から依頼があり協力したといいます。

この任務についてユリ・ゲラー氏は「多くが成功していた」と述べ、具体的な活動内容は旧ソ連の情報を透視したり、スパイに近付いて考えを変えさせたというもの。また、メキシコのソ連大使館に対するスパイ活動では大使館から出てきたKGB職員を追跡、旅客機で後部に座ったユリ・ゲラー氏は念力をフロッピーに書き込まれたデータを破壊するという活動を行なっていました。

にわかには信じがたい第六感『超能力』を使用したスパイ活動なんですが、番組では彼をスパイとして「活動に利用した」関係者らの話も紹介されていたとのことです。

この超能力については信じる・信じない、嘘・本当かはわかりませんがロシアでは超能力を育成する学校が存在しており、また超能力を使用した治療は国家公認であり医師免許も発行されています。

参考:Narinari.com