ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン

ソ連の英雄、ユーリイ・ガガーリン。若くして事故死してしまったんですが、これまで明らかにされなかった事故の原因について同僚である宇宙飛行士が証言したそうです。

ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリンは人類史初の有人宇宙飛行を成功させた人物として有名です。しかし、1968年3月27、ガガーリンと教官が乗ったMiG-15が墜落。34歳の若さで死亡しました。 事故の正確な原因は明らかにされず、政治的思惑が絡んだ人為的な事故説などの陰謀論も噂されていました。

そんな謎の墜落事故について、先日ロシアのTV局「RT (Russia Today)」が、ガガーリンの同僚だったアレクセイ・レオーノフ氏をインタビューし、事故について証言を行いました。

レオーノフ氏によると、ガガーリンが搭乗したジェット戦闘機MiG-15は付近を同じく飛行していたSu-15の飛行機流に巻き込まれ、結果的に墜落したと話しています。この時の両機の距離は10~20mだったとのことです。
今回の証言についてはロシア当局による非公開の事故原因調査報告書に基づくものとし、Su-15のパイロットの名前(ソ連邦英雄、もしくは非常に優れたテストパイロットとされる)を出さないことを条件に真相を明らかにすることを許可されたと述べています。

アレクセイ・レオーノフ

アレクセイ・レオーノフ
▲1975年ソユーズ19号内にて

1960年にユーリイ・ガガーリンらとともに最初の宇宙飛行士として空軍から選抜された20人のうちの一人。1965年には人類史初の宇宙遊泳を行っています。2度目のミッションでは1975年にソユーズ19号に搭乗し、アポロ18号とのドッキング(アポロ・ソユーズテスト計画)を行っています。

その後は宇宙飛行士の育成に当たり、1991年に引退。2003年には日本で行われた『第18回世界宇宙飛行士会議』で来日し、会場となった東京の日本科学未来館には、展示されている自らの写真にロシア語とともに日本語のカタカナで「レオノフ」とサインを残しています。(Wikipedia)

参考:BusinessNewsline
このエントリーをはてなブックマークに追加