image_239

最近ウクライナの反攻が伝えられていた今回のロシアによるウクライナ侵攻。これに関して最近、人口65万人の都市に存在するダムに対してロシアがミサイル攻撃したことで緊急避難が呼びかけられたと報じられています。

ウクライナ当局によると攻撃が行われたのは2022年9月14日、ウクライナの南部に位置するクリビリフという都市です。発表によるとこの都市には横切るようにダムがあるのですが、ロシアからの巡航ミサイル攻撃が少なくとも7回実施され、意図的にダムを破壊し下流域に洪水を引き起こそうと試みた可能性があるとしています。

ウクライナ当局によるとダムは複数あるらしく、このうちどのダムが攻撃されたのかは機密性が高いとして具体的には発表はしていません。

この攻撃によりダム自体は一部破壊された状態になっており、川にはかなりの量の水が流入することになったといい一部地域では洪水の可能性が高まり緊急避難を実施したとしています。



当然ダムが破壊されれば民間人に対して被害がでることは誰でも想像がつくことで、ロシアは民間人を殺してでも目的を達成することを行っており、いかにロシア軍が疲弊した状態なのかこのような攻撃からも見て取れます。

ロシアは9月11日にも発電所に対して攻撃を行っています。有識者によると電力施設への攻撃は数ヶ月後には訪れる冬に首都に供給される電力を断ち切ろうとしているのではないかと予想しています。

参考