image_258

海外メディアによるとコロンビアの北部、カリブ海に面するバランキージャという120万人の都市で最近女性が手書きのメッセージを手にドライバーらにお金を恵んでほしいと行動にでる女性が確認されたと報じられています。

国が変われば国民の行動も様変わりするのですが、コロンビアでは赤信号で停車中の車にホームレスらがお金(コイン)を求めるのは珍しくないものの、この女性は少なくともそうは見えません。実はこの女性が訴えているメッセージには「整形したいためお金が欲しい」というものののようです。

記事によると、ドライバーが赤信号で泊まると車の間を回ってお金を恵んでほしいを訴えているといい、その整形も顔などではなく「胸を整形したい」とのこと。

▼路上での行為
image_259

いろいろとツッコミどころが多いのですが、今のところこの女性は毎日道路に出てドライバーからお金を貰っているとのこと。一般的にコロンビアでも「さすがにお金を渡す人はいないだろう」というコメントもあるのですが想像以上に協力者は多いとしています。
ネット上の反応としては一部で「悪いことしてお金を稼ぐよりかはいい」という擁護する意見もあったものの、大半は批判的なものだったとしています。

またある心理学者は「より美しくなりたいのは男女の本能であり、この観点からこの女性の心理を理解できなくはない」としながらも「何か社会の暗い部分を見ている気がする」とも話しています。

女性ということで誘拐されたり暴力にあったりしないのかと不安しかなのですが、それがないということはそれほど治安の悪いところではなく、またホームレスに対してもお金を渡すということからも国民性というのものがみてとれます。

参考