XQ-58

安価かつ撃墜されることも考慮に入れたローコストの無人ステルス攻撃機、XQ-58。一方で有人機に付いそきロイヤル・ウィングマン『忠実なウィングマン』として開発も進んでいるのですが、この機体に関して飛行性能が更に向上しているという内容が報じられています。

ドローン メーカーのKratosが開発しているのはXQ-58という無人攻撃機です。機体には爆弾倉を搭載しており、特に小型攻撃ドローンなどを既に展開する試験も行っているのですが、一方で機体の基本性能となる飛行性能が向上していると報じられています。

XQ-58A Valkyrie Flies Longer, Higher, Heavier In Recent Test

クラトスによると具体的な日付は不明ですが、アリゾナ州の米陸軍が管轄するユマ試験場(YPG) で行われた試験で新しいブロック2のXQ-58Aがテストされたといいます。結果「XQ-58Aの拡張機能を証明した」とし、「より長く、より高く、より重い重量で、さらに長い行動半径を飛行することができた」としています。



XQ-58Aについては同社ホームページによると最大離陸重量は6,000ポンド(2.7トン)で、海抜 45,000フィート(13.7km)までの高度で飛行でき、最大航続距離は約 3,000マイル(4828km)としています。この数値についてはいわゆるカタログスペックであり厳密に機体性能を示したものではないのですが、最近のモデルではを更に超える数値となったということになります。

他の無人機とは違う、離陸と着陸

実はこのXQ-58A、離陸はロケットモーターを使用しており、滑走路などは必要ありません。そして着陸についても降着装置は搭載しておらず、パラシュートで落下、機体に搭載したエアバッグを展開して衝撃に備えるという構造になっています。

そのため重い降着装置を搭載する必要がなく、滑走路を一切必要としないことから見晴らしがよいところであればどこからでも発射させることができます。

いずれにしてもロシアが侵攻したウクライナでは有人機よりも使い捨てのドローンが大量に使用され戦果を挙げていることからさらに投資が進む分野と考えられます。現代の戦闘攻撃機は非常に高コストかつパイロットの育成には膨大な時間と費用がかかる分野でもあり、将来はドローンを展開するペレーターの役割として有人機が別の形で使用されていく可能性もあります。