image_80

人体についてはよくわかっていないことも多いのですが、今回は非常に稀なケースです。最近中国のとある女性のお腹に体毛が生えて困っていたところ背骨を手術したことで毛がすべて抜けたという出来事があったと報じられています。

サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、北京市に住む17歳の女性は幼い頃からおヘソの周りに髪の毛のような細い毛が育つという不思議なことが出ていました。この毛は幼い頃はほとんど成長せずにすね毛のように短い状態抜け落ちていたものの、歳を重ねることに髪のように太くなりへそ周りを密に満たしていったとのこと。

中国の学生はほぼ寮生なのですが「学校の寮で服を着替えたりシャワーを浴びるときに他人から見られないように気をつけていた」と告白。「幼い頃に変な病気にかかったと思い、病院に行くのもできなかった」と説明していました。

しかし最近腰痛がひどく悪くなりついに病院行きました。結果、精密検査で脊椎奇形であることが明らかになったそうです。医師からは「手術する以外治す方法はない」と言われ手術することになったとのことです。

そして手術後、なんとお腹の毛がすべて消えたといいます。

北京陳病院の神経外科専門医である教授によると「脊椎異常の副作用で過度の毛髪の成長が起こる可能性がある」といい、「もっと早く発見できていたら今まで苦しまずにすんでいただろう」と話ています。体毛が消えた女性はこれからおヘソがでる服を着てみたいと話しているとのこと。



この脊椎異常が本当に体毛に影響しているのかについて調べたところ『潜在性二分脊椎』という脊髄や脊椎がうまくくっつくことができない症状では、欠損部を覆う皮膚の上に体毛がでることがあるという内容が記載されておりもしかしたらこの類の症状でていたのではないかと考えられます。