image_124

ウクライナに侵攻し殺戮を繰り返すロシア。一方でその判断を下したプーチン大統領は国内での交通事故やアルコールによる死者数をこのウクライナ侵攻での死者数を比較するような趣旨の説明をしたと報じられています・

ウクライナメディアによると、プーチン大統領は最近行った演説で「私たちの国では毎年約3万人が交通事故で死亡し3万人がアルコールで死亡しています。 残念ながらこのような事態は起こります。これが人生です。人生は複雑で多面的で紙に書かれているよりも複雑です」などという趣旨の説明をしたとのこと。

Путін про смерті на війні: У Росії в ДТП і від алкоголю гинуть по 30 тисяч людей | Українська правда
https://www.pravda.com.ua/news/2022/11/25/7377985/

これに関してウクライナメディアはロシア側の死傷者数を横目に何も関係ないふりをして前線の損失を交通事故とアルコールによる死と比較したと批判する論調を掲載しています。

またプーチン大統領は10月末に戦場での「ロシア側の損失はウクライナの10分の1」と国民に説明しました。一方でウクライナのゼレンスキー大統領はロシア人の損失はウクライナ軍の損失の約10倍を上回っていると述べています。

最近ウラジーミル・プーチン大統領はウクライナ侵略に参加している兵士の母親と面会したと言われているもののこの面会に参加した女性は『政府の役人や代表者の中から慎重に選ばれた』ことを明らかにしました。つまりプーチン政権下の関係者ということになります。 
「母親と妻の評議会」の代表者は11月27日に計画されていた軍の母親とのプーチン大統領の会合に招待されなかったと報告しています。(参考)