image_169

今年、高騰していたビットコインをはじめとした仮想通貨バブルが弾けマイニングなどのブームも去った状況ですが、2020年10月に取引が開始されたばかりの(WEMIX)ウィミックスに関して取引所から姿を消したと報じられています。Photo:CoinMarketCap

韓国メディアによると今月8日、アップビット、ビッサム、コインウォン、コビットなど韓国の4つの主要仮想通貨取引所は午後3時に一斉にウィミックスに対する取引支援を終了(上場廃止)したと報じています。ウィミックスは韓国の2020年10月28日仮想資産取引所のうちビッサムに一番先に上場され、以後アップビットなど他の取引所にも上場したとのこと。

2만8000원까지 갔던 코인 209원 추락… 투자자 ‘패닉’ [위믹스 상장폐지 후폭풍] - 파이낸셜뉴스

ウィミックスは韓国のゲーム企業Wemadeの子会社により開発されたもので、2020年10月28日仮想資産取引所のうちビッサムに一番先に上場し以後アップビットなど他の取引所にも上場していたといいます。

しかし、デジタル資産取引所共同協議体がウィミックス流通量に何らかの問題があると判断し、10月27日に「ウィミックス流通量計画情報の信頼性に問題があると判断した」と報じられました。以降、ウィミックス発行会社が提出した資料でも問題が見つかっていたといい、取引終了決定停止の仮処分を申請していたもののソウル地裁は今月7日に棄却していたそうです。

ウィミックスは昨年最高価格基準で2万8000ウォン台に取引されたものの上場廃止された午後3時にはアップビットで209ウォン、ビッサムで308ウォンと1/100以下となり取引を終えました。また昨年11月に3兆5600億ウォンとウィミックス時価総額についても500億ウォン以下になったとも記載されています。