image192

野山や空き地などに生えている植物。その一部には毒が含まれています。今回は見た目はそこらの植物と変わらないものの神経毒が刺さると激痛に苦しむというギンピ・ギンピことD・モロデスなどと呼ばれる植物を紹介します。

ギンピ・ギンピは地球上で唯一自生はオーストラリアです。イラノキ属に属するこの植物はこのなかでもっとも強力な毒を有しており、全体に体毛のような刺毛で覆われています。この刺毛に人間にも有毒な神経毒が含まれており、私達哺乳類などに激痛を与えます。

その痛みはどのくらいなのか。1963年にこの植物が顔と胴体に触れてしまったアーニー・ライダーという人物の記録が残っています。
彼は「2から3日間、その痛みはほぼ耐えられないほどのものであった。私は働くことも眠ることもできず、2週間かそれ以上もひどい痛みに襲われた。この苦痛は2年間もの間続き、冷たいシャワーを浴びた時には、いまだに毎回痛みに襲われる。これに匹敵するものはない。他の痛みと比べても10倍以上は酷いものだ」
というものです。

また別の報告として研究者が防護服を着てギンピ・ギンピの研究を行っていたものの何らかの理由で体に付着してしまい、くしゃみを伴うひきつけ、催涙、鼻水などで数時間継続。そして、アレルギー症状は何度も発生、そして最終的に入院することとなり深刻な痒みと蕁麻疹はステロイド剤による治療が必要なほどであったとされています。

ギンピ・ギンピの生態



ギンピ・ギンピは他の植物と見た目に大きな特徴があるのかというとそうでもありません。虫食いの痕があるなど山の生えていたら他の植物と見分けがつかないレベルです。生態としては高さ3mほどまで成長する低木だとしています。

さきほども紹介したようにこの歯、茎、果実にびっしりと刺毛で覆われており、目では柔らかそうな産毛のようにみえるため触ってみたくなってしまうとのこと。

刺毛は先端が小さな球状になっており接触すると折れて皮膚に侵入し毒素を注入します。この毒が非常に安定しており分解しにくいとされ、100年以上前から収集した乾燥したギンピ・ギンピでも未だに挿す能力があるとされています。

仮に刺された場合は取り除くことも方法の一つですが、例として毛は皮膚の上で最大で6ヶ月間残り熱湯や冷水で洗ったりすると刺痛が再発するともいわれています。