image329

非常に高価である一方、その用途は「給油を行うだけ」という地味な任務しかできない空中給油機。これに関してアメリカ軍は合計100機あまりの無人ドローンを展開できる構想を模索していると報じられています。

これはアメリカ空軍の航空機動軍団(AMC)の司令官マイク・ミニハン氏が今年開催されたイベントで明らかにしたというもので、内容としては空中給油機KC-135に改装を行う形でドローンなどを搭載できる能力を付与するというものです。

KC-135 Tankers Being Eyed For Drone Launcher Role | The Drive
https://www.thedrive.com/the-war-zone/kc-135-tankers-being-eyed-for-drone-launcher-role

この内容については、今年始めにミニハン氏のメモから明らかになったものだとしており、背景にあるのはやはり中国でKC-135を無人機の発射プラットフォームとして使用するという概念が生まれたとしています。

実際にアメリカ軍でどのくらい進んでいるのか。KC-135から数十機のドローンを発射できるというアイデアについて「きっと成功すると思う。出来れば私が司令官のうちに実現したい」とも語っています。

どのような使い道なのかという点については、その例としてKC-135から発進した無人機がGPS衛星のかわりになるという構想が紹介されています。これは戦争が発生するとGPS信号が妨害される自体になるのですが、GPSのような機能を提供する役割にもなるとしています。

他にもドローンに搭載できるペイロードを利用することで救命胴衣サバイバル無線機、位置確認ビーコン、応急処置用品、食料や水などの人命にかかわるような物資を届けることも可能性の視野として入ってくるのですが、この案については実現できるのかは相当未知数であり初期段階の構想ということになります。

何れにしてもなぜ空中給油機の機能を捨てるような形にしてまでKC-135をドローン母機とする必要があるのかは不明です。現在の輸送機を改造したほうが安価に作れそうな気もするのですが、給油機ではいといけないという理由も記載がないらしく全ては謎となっています。