ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > エコロジー・環境

風車をクルクルと回す姿はそれはそれで見ていても何か面白いのですが、この風力発電については近年巨大化する傾向があります。世界最大の風力発電はブレード(プロペラ)の先端がなんと地上260mに達するというよくわからない規模になっているのですが、いったいどこまで巨大化

海外メディアによるとサウジアラビアは500万人が居住可能で建物内部に農場があるなど建物内部で自給自足可能という所謂『アーコロジー』となるミラーラインを2030年の完成を目指し着工したと報じられています。ちなみに建物のサイズは120,000mとしています。

潮の流れという言葉があるように海には血液のように流れる海流があります。日本では親潮・黒潮などが有名ですが、この海流で発電を行うというものとして世界最大のものはこのIHIが研究している「かいりゅう」というものがあります。