ZAPZAP!

エコロジー・環境

Hywind

再生可能エネルギーとして注目されている風力発電。これに関して、大手GEは海底に固定する風力発電タービンではなく、海底に固定せず浮かんだ状態にする浮体式洋上風力発電のタービン開発を進めていると報じられています。また試算ではこの洋上風力発電だけで全米の電力を軽く賄える電力が獲られるとも主張しています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_187

一度使ったら再利用されることなく捨てられるプラスチック製品。プラスチック製品は成形が簡単で、腐らず、液漏れせずそして安価という現代文明にはかかせません。しかしこのような使い切りのプラスチックに関して世界の大企業20社が全体の50%を生産しているという研究結果が報告されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_152

テレビをつければ「CO2」「エコ」などとコロナに混じって連呼されていますが、今回は将来のCO2排出量です。これに関して韓国メディアは2030年における1人あたりのCO2排出量が主要国を抑え韓国が世界一になると報じています。いったいどういうことなのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_32

風力発電といえば扇風機のような形状のものが一般的ですが、いくつか形が異なるタイプが存在します。その1つスベインのベンチャー企業「Vortex Bladless」が開発した翼がない風力発電です。なんとゆらゆら揺れることで発電するタイプです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

風力発電 風車 埋め立て_1

再生可能エネルギーとして注目されている風力発電所。巨大な風車は遠くからも動く姿が見えなんともいえない景色を作り出すのですが、一方で解体された風力発電所に関してアメリカでは風車がリサイクルされず地中に埋め立てられていると報じられてます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

洋上風力発電

再生可能エネルギーとして注目されている風力発電。太陽光に比べ雨の日も夜間も発電可能な発電装置になるのですが、これに関してイギリスでは1日における電力生産量の半分が風力になった日があったと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_120

電気自動車の最大の欠点は充電の遅さです。これに関して中国政府の奨励を受け電気自動車メーカーはバッテリパックそのものを乾電池のように5分で交換する方式を採用し費用として1万5500円の月額固定で6回の交換、追加で1回ごとに1580円で電池を交換するというプランを発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_34

先日、トヨタが2030年代にエンジンだけを搭載した車の販売を停止すると報じられるなど、近年注目されている電気自動車。日産のリーフをはじめ街中でもよく見かけるようになりましたが、今回はこれら電気自動車について冬になると著しくバッテリー性能が低下する問題について取り上げた記事を紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_98

太陽から受け取る熱エネルギー。照射されている対象を温める赤外線も多く含まれているのですが、このような太陽光の95.5%を反射することができるという塗料の開発に成功したと発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Oceanbird_1

蒸気などの動力が登場する前、風を推進力として用いていたのは帆船と呼ばれる船です。現在運用されている帆船は訓練船や練習船、調査船など極一部に留まっています。そんな帆船に関してスウェーデンでは輸送船に現代風の帆を設けというデザインを公開しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ