ZAPZAP! 世界の面白いニュース

エコロジー・環境

image41

主に様々な梱包に利用されている発泡スチロール。SDGsなどと毎日のように五月蝿く報じられている割に全く回収されず大半が捨てられているのですが、この分解されない発泡スチロールに関してドイツの科学者はトウモロコシ由来の原料で作るという狂気のような代替案を発表しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_163

地球の底は中心に近づけば近づくほど熱くなり、これを利用できればエネルギーが得られます。これは化石燃料などに比べると人類にとってはほぼ無限のエネルギーになるのですが、MITのスタートアップ企業は核融合で用いる技術を応用して地熱エネルギーを得る案を発表し4000万ドルを獲得したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_156

近年、プラスチックが云々と、これを削減するような動きが見られますがその一環として長年研究されているのはプラスチックの代替品です。様々なものがそれに置き換わる特性を秘めているのですが、今回は砂糖をベースにしているという研究です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

牛用VR1

食材の一つとして、特にお菓子や洋食には欠かせない牛乳。これを生産する乳牛についてトルコのとある酪農家がVRゴーグルをつけて大自然を見せたところ取れる牛乳の量が1頭あたり5リットル増えたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image123

海外における自動車のトレンドがいわゆるエンジンから電気自動車にかかりつつある現在。その車に搭載されているバッテリーに関しては通常のスマホバッテリーのように回収することで再利用が行われています。一方韓国ではこの廃バッテリーの法規などが存在せず回収されてまま放置されていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image124

砂漠。そこには生命がほとんど存在せず草木も生えていないただの荒れ地。当然砂くらいしか資源はないのですが、その有り余る太陽エネルギーは現在の人類には資源として使うことができます。ではその砂漠にソーラーでも置いて大量の電気エネルギーを生産するという案はどうなのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

レタス_2

近年更に注目が高まっているソーラーパネル。特に変換効率や価格下落もあり導入が進められているのですが、実は海外では農作物を育てる施設の屋根につけることができる透明なソーラーパネルを開発。植物にも影響が出ないことがわかったとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image49

テレビを付ければ環境問題と一日何回耳にするのかわかりませんが、今回はそのネタです。地球温暖化防止のため二酸化炭素を減らすことが進められていますが、ではそれを酸素に変える木を大量に植えたらどうなのか?今回は人類が毎年1本、20年間植え続けたらどのような環境になるのかというお話を紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image15

最近、日本政府がすすめるクリーンエネルギーとして水素があります。しかし、この水素は取り扱いが非常に難しく、高密度の液体つまり『液体水素』にするには外部からエネルギーを加え続け極低温を維持しなければなりません。一方、イギリスのリアクション・エンジンズは常温で液体のアンモニアを使ったリアクターの開発すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_345

環境問題については年々高まりつつありますが、問題は私達が捨てたリサイクルゴミがまともにリサイクルされず、その大半が焼かれている(サーマルリサイクル)とされている問題です。一方韓国ではSKイノベーションという企業が廃プラなどから熱分解油化により10トンから6トンの燃料を作れるという装置を開発しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ