ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > エコロジー・環境

近年、プラスチックが云々と、これを削減するような動きが見られますがその一環として長年研究されているのはプラスチックの代替品です。様々なものがそれに置き換わる特性を秘めているのですが、今回は砂糖をベースにしているという研究です。

海外における自動車のトレンドがいわゆるエンジンから電気自動車にかかりつつある現在。その車に搭載されているバッテリーに関しては通常のスマホバッテリーのように回収することで再利用が行われています。一方韓国ではこの廃バッテリーの法規などが存在せず回収されてまま

砂漠。そこには生命がほとんど存在せず草木も生えていないただの荒れ地。当然砂くらいしか資源はないのですが、その有り余る太陽エネルギーは現在の人類には資源として使うことができます。ではその砂漠にソーラーでも置いて大量の電気エネルギーを生産するという案はどうな

テレビを付ければ環境問題と一日何回耳にするのかわかりませんが、今回はそのネタです。地球温暖化防止のため二酸化炭素を減らすことが進められていますが、ではそれを酸素に変える木を大量に植えたらどうなのか?今回は人類が毎年1本、20年間植え続けたらどのような環境にな

最近、日本政府がすすめるクリーンエネルギーとして水素があります。しかし、この水素は取り扱いが非常に難しく、高密度の液体つまり『液体水素』にするには外部からエネルギーを加え続け極低温を維持しなければなりません。一方、イギリスのリアクション・エンジンズは常温

環境問題については年々高まりつつありますが、問題は私達が捨てたリサイクルゴミがまともにリサイクルされず、その大半が焼かれている(サーマルリサイクル)とされている問題です。一方韓国ではSKイノベーションという企業が廃プラなどから熱分解油化により10トンから6トンの

欧米に比べ、日本並に再生可能エネルギー普及率が低い韓国。その韓国では洋上に大量の太陽光パネルを設置し、合計2100MWという世界最大規模の発電所を計画しています。しかし、現在試験的に設置されているパネルが酷い水鳥の糞害により掃除が大変なことになっていると報じら