ZAPZAP!

エコロジー・環境

image_44

山肌を覆い尽くすように設置された青色のパネル。見ての通り大量のソーラーパネルが設置されたと中国メディアが報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_768

欧州といえば他の国々よりも電気自動車が普及しているというイメージがあるのですが、そんな国の一つオーストリアでは国内の大気汚染レベルでガソリン車の最高速度が引き下げられるという措置が発表されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_13

再生可能エネルギーとして注目されている風力発電に関して米国エネルギー省によるとアメリカ国内における風力発電によると発電コストは1kWhあたり平均2セント、日本円で2.5円だったと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_64

大量の荷物を乗せ地球規模で行き交っているのは大小様々な貨物や輸送船です。これらの船が私達の社会を支えているといっても過言ではないのですが、近年のエコブームもあるのか船に回転するローターを搭載し燃費を向上させるという方法が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_126

日本の家屋、特に和式の住居では黒の瓦が乗せられ夏季になると熱したフライパンのように温度が上がります。もちろんこれらは周辺の気温上昇にもつながっていることは明白なのですが、一方アメリカでは屋根を白く塗ることで気温上昇を抑える取り組みが行われているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_33

中国で昨年末、世界でも珍しい高速道路の路面にソーラーパネルを敷き詰めるという『ソーラー道路』が試験投入されました。運用開始から約5ヶ月が経ったのですが道路はどうなったのか、今回は具体的な発電量や設置コストなども伝えられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_10

現在運用されている有人航空機の多くがジェットエンジンを搭載しています。これは数人乗りの小型機も同様なのですが、ノルウェーでは片道1時間半以内の便について将来的に電動化を目指すと発表しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_54

世界でも稀な計画を実行をしようとしているのはオーストラリア政府です。なんと、国内の一部地域の家にテスラ社のソーラーパネルとバッテリーを導入してもらい慢性的な停電の解消を行うとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_8

あちこちに太陽光発電を行う建設されていますが、この太陽光発電による電気のコストに関して国際再生可能エネルギー機関が行った調査によると、2010年と2017年の比較で1kワット/時当たり7割も下落していたと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_9

家庭や企業から排出されるプラスチックゴミ。これらは資源ゴミなどとして回収され国内で全てリサイクルされていると思いきや、その一部については国外に輸出され環境汚染を引き起こしていることが明らかになりました。(写真は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ