ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > 軍事・戦争

近年注目されているのは1機の有人機に対し複数の無人機を引き連れる構想です。この無人機に関して米海軍は現在のように年単位で保有し続けるのではなく数百時間程度で自爆させたり標的とする消耗型の配備を検討していると報じられています。

イランからの支援を受けているテロリスト『ハマス』によるイスラエル侵略により始まった一連の戦闘。これに関してイランはイスラエルから受けた軍事攻撃の対応として報復攻撃を行なったとしているのですが、その規模はどのようなものになっているのでしょうか。

核兵器を搭載して打ち上げるだけに生まれた弾道ミサイル。そのミサイルはアメリカでは地下に格納され今も直ちに発射できるよう配備されています。そのミサイルサイロの基地における医療即応飛行隊所属の司令官が自身喪失を理由に解雇、クビとなったと報じられています。

アメリカで開発が進む『安価かつ撃墜をある程度想定した無人機』安価損耗型攻撃実証機LCASDとして作られたクラトス XQ-58 ヴァルキリーに関して、海軍型のB型は電子戦装備を備えた敵防空制圧(SEAD) の役割を果たす目的として開発されることが明らかになりました。写真は電子

運用実績と共に世界最強のヘリといっても過言ではないAH-64 アパッチ。その現在運用されているモデルに関して今月また墜落事故が発生し過去2ヶ月間で4機が墜落するという頻度になっていると報じラています。

現在も戦闘機の性能としてはトップに位置しているとも言われるF-22。一方で誕生からかなりの年月が経っている機体にもなるのですが、先日そのF-22にステルス性能を犠牲にしない外部燃料タンクがはじめ確認されたと報じられています。