ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

カテゴリ:サイエンス・テクノロジー > 病気・医学

音楽の教科書には必ず乗っているベートーベン。その中でも運命はとても有名な楽曲ですが、そんな彼は今から200年前に自分の謎の病気について、遺言で兄弟らに対して自分の病状を公にしてほしいという懇願する内容でした。しかし、残された髪について実は男性のものではなく女

人の命に関わる医療。これは現在高度に管理されている分野の一つですが、人体の仕組みがよく分かっていなかった頃は医療行為そのものが命取りになる例もあったそうです。今回は今では考えられない昔の医療を紹介していきます。

一般的に高齢者が患う認知症。しかし極稀に若い世代でもアルツハイマー病つまり認知症を引き起こす例があるのですが、強く疑われる遺伝などが無いという最年少の患者が見つかったと報告されています。

高齢者の多くが患う認知症。一度萎縮した脳は基本的に復活することはなく、萎縮が始まる前に対処することが求められるのですが、アメリカでは最新のゲノム編集技術を用いて認知症を引き起こすタンパク質の蓄積を防ぐ方法を研究しています。