ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > 環境汚染・公害

新型コロナウイルスもありアルコール除菌ウェットティッシュなるものが多く使われていますが、実はそこに入っているシートはプラスチックです。自然に分解されることはほぼ無いのですが、イギリスではこのプラスチックをトイレ等で流す輩が原因でテムズ川には大量にゴミが堆

チェルノブイリ原発事故など海外の原発事故でその汚染地域にひまわりが植えることを行っていますす。これは科学的にも根拠があり土壌から有害な放射性物質を取り除くことができるためです。しかし、日本の福島で植えられたひまわりに効果がなかったのは単に品種が違っていた

チェルノブイリ原発に進軍したロシア軍。現在は撤退しているのですが当時言われていたのは今も強く放射能汚染された地域にロシア軍が展開したという内容です。実はこれに関してチェルノブイリ原発周辺にロシア軍が地面を掘るなどして間違いなく拠点を作った跡が残されていた

古着を回収しリサイクルしている…環境問題の高まりでイベントとしてそのような回収を行っているところがあるのですが、ではその古着、本当にリサイクルされているのでしょうか。今回はエゴにより回収されゴミとなっている日本など先進国が捨てた古着のゴミ山を紹介します。

テレビを付ければ環境問題と一日何回耳にするのかわかりませんが、今回はそのネタです。地球温暖化防止のため二酸化炭素を減らすことが進められていますが、ではそれを酸素に変える木を大量に植えたらどうなのか?今回は人類が毎年1本、20年間植え続けたらどのような環境にな

道端に捨てられるタバコ。単純にゴミを捨てているのと変わらない人格を疑うような行為なのですが、この行為は日本を始め世界中で問題になっています。一方、韓国はタバコの吸い殻を市民ら回収させ、リサイクルして家具を作るという理解しがたい対策を始めたと報じられていま

今年の冬、韓国でも低温の日が多くなっているらしいのですが、これに関して最近ソウル市を流れる漢江の下流エリアでここ数日ほとんど魚が取れないなど被害がでていると報じられています。これに関して毎年雪が降ると魚が消えることから路上に撒く塩化カリウムが原因ではない