ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > 新型コロナウイルス

先日、アメリカのニューヨーク州知事から発表された抗体検査のデータに関して、被験者の14%が既に新型コロナウイルスに感染していたことを示す結果となりました。今回はアメリカの他の地域で行われた同様の検査やドイツの結果、また日本で行われたPCR検査の結果から見ていこ

新型コロナウイルスに関して現在どのくらいの人が感染しているのか、それを有効的に調べる手段として最近良く耳にする抗体検査。これに関して米ニューヨーク州でランダム検査を実施した結果として市民の実に約14%が既に感染していたという衝撃的なデータが発表されています。

新型コロナウイルスに感染した場合、一般的に肺炎が生じ息苦しくなるという程度しか私達一般人は知識が無いものの、先日中国で治療を受けた患者が薬物治療などを行った結果肌色が黒く変色したという内容が報告されています。

新型コロナウイルスに関して新生児に関する研究は非常に少なく明らかになっていないことが多いのですが、韓国メディアによると国内の事例として、新生児のウイルス検出量は同じく感染した母親よりも最大で100倍ほど多かったという研究内容を報じています。

連日報じられている新型コロナウイルス。日本では人との接触を控えることで感染拡大を抑えようという内容が連呼されていますが、一方フランスではセーヌ川などの水源が新型コロナウイルスに汚染され非飲料用の水が供給されていたことがわかったと報じられています。