ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > ウクライナ侵攻

複数の将校、黒海艦隊の旗艦モスクワ、Su-35といった機体が次々と失われるロシア。これまでもレアな戦車が投入されそして撃破されたと報じられたのですが、なんと今回先週投入されたばかりのロシア軍でも数少ないT-90Mが撃破されたと報じられています。

ウクライナを含むその周辺国で明らかな偽装工作を行なっているロシア。所謂ロシアによる『偽旗作戦』の一つになるのですが、ウクライナの西側にあるモルドバで親露派が攻撃に合うという未発生事件を報じる翌日の新聞が発見されたなどと話題になっています。

4つあるロシア海軍の艦隊。その一つ黒海艦隊の旗艦、巡洋艦モスクワが『嵐の中沈んだ』と発表していたのですが、ウクライナを含む西側とロシアとその原因が大きく異なっていることに関して、今回はロシア国防省が発表したを掘り下げて紹介していきます。

ロシア軍が作っているオリジナルの戦車。T-72その発展型T-90、そしてT-80もあるのですが今回のウクライナ侵攻では撃破され砲塔が無惨に吹き飛んだものが多く見受けられます。では専門家目線から何が原因なのか、過去にある方法で防いたこともあったという内容を紹介します。

世の中に出回る様々な商品。その中にはアルファベットを用いた商品名も無数に存在しているのですが、欧州ではロシアのウクライナ侵攻で使われた「Z」のブランドイメージが著しく悪化しており、企業がロゴの使用すらも放棄する事態になっていると報じられています