ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > ウクライナ侵攻

軍事大国が領土拡大狙って侵攻するということが実際に発生したウクライナ。これに関してアメリカが軍事的に手を一切出さないという態度を示していることについて、台湾でも中国が侵攻してきた場合同様のことが発生するのではないかという懸念が広まっていることが明らかにな

撃破される戦車、戦闘機、ヘリ…戦争の生々しい映像が主にウクライナ側からSNSを通じて流れているのですが一方でロシア国防省は約1ヶ月が経った現在、投入した兵士約1万人が死亡したと発表したと報じられています。

先月下旬ウクライナに侵攻したロシア軍。当時、そのロシア軍の無線内容がアマチュア無線家が傍受し内容を晒すということが行われていました。これに関して実はロシア軍では中国製の市販トランシーバー『BaoFengUV-82HP』を用いていることが明らかになりました。

ロシアのウクライナ侵攻で明らかになったのはロシア軍が使用する戦車T-80などの戦車が西側のジャベリンなどの対戦車ミサイルには余裕で貫通させるという問題です。これは将来的にロシア戦車の信頼性という点で大きな汚点となるのですが、なぜこのような自体になっているのか

ウクライナに侵攻したロシア軍。現在主に陸と空による戦力で侵攻が進められているのですが、多くの損害もでていると報じられています。今回は航空機です。最近ロシア軍の攻撃ヘリが低空で機首を上げてロケット弾を掃射するという理解し難い攻撃を行う映像が撮影されました。