ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > ウクライナ侵攻

「キエフ(キーウ)に侵攻したのは『おとり』だった」などと言い始めているロシア。負け惜しみともいえる発言なのですが、そんな「おとり」として首都を目指していたのか、先月31日キーウ郊外で撃破されたロシア軍の写真が公開されたので紹介していきます。

先日、ウクライナにある原子力事故をおこしたチェルノブイリ原発がロシア軍に占拠されるという出来事があったと伝えられていましたが、この時の様子について放射性物質に汚染された「赤い森」をそのまま通過してくるという行為を行なっていたと報じられています。

ウクライナに対してロシアに不利益になるからという単純な理由で他国を蹂躙するロシア。国境に比較的近いキエフについてもミサイル攻撃に晒されているのですがロシア国防総省は、苦戦するキエフ攻略について「侵攻はおとりだった」などと主張しったと報じられています。

軍事大国が領土拡大狙って侵攻するということが実際に発生したウクライナ。これに関してアメリカが軍事的に手を一切出さないという態度を示していることについて、台湾でも中国が侵攻してきた場合同様のことが発生するのではないかという懸念が広まっていることが明らかにな