ZAPZAP! 世界の面白いニュース

カテゴリ:時事ネタ、ニュース > ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって3ヶ月以上が経過しているのですが、この間様々な兵器が使用されていることが明らかになっています。特に古い今から100年ほど前の第1次世界大戦頃に誕生した兵器が普通に使われていることもあるのですが、今回はその一つ、マキシム機関銃

ウクライナ侵攻でロシア軍が使用している様々な兵器。戦車の中を見ても第二次世界大戦時にはなかった様々な電子装置が搭載されているのですが、墜落した兵器を調査した結果、アメリカで製造されたものが多用されていることが明らかになりました。

先日、広島市は8月6日の平和記念式典に現在ウクライナを侵攻しているロシアやベラルーシの代表を正式に招待しなかったことに関してガルージン駐日ロ大使「日本はナチと組んだ」などと主張しました。これに関してネット上では「そロシアはナチそのもの 」などと批判が殺到して