ZAPZAP! 世界の面白いニュース

宇宙・天体

ニュートロン_1

アメリカの民間企業、ロケットラボは現在エレクトロンロケットを運用しているのですが、次期ロケット『ニュートロン』に関して、衛星を包むフェアリングからロケット本体に至るまですべて回収し再利用できるロケットに関して詳細を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOI-2109b

太陽系に存在する無数の恒星系。太陽系のように恒星を中心に複数の惑星が公転するという同じ形になっているのですが、想像を絶する地獄ような天体も存在してます。今回発見されたのはそんな地獄のような天体TOI-2109bです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

原子力宇宙船

電気をどのような状況でも安定的に出力することができる装置は特に今後の宇宙開発で必要不可欠なものになりそうなのですが、これに関して中国では巨大な原子炉を搭載することで、例えばイオンスラスターを稼働させるという方法で宇宙飛行士を火星まで飛ばすという案があるそうです。(画像は参考)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image34

太陽の数倍以上重い天体がその一生を終える過程で誕生するのがブラックホールです。これは内部で重力が無限大、ゲームでいうような『バグ』がリアルで発生しているような点になるので、この奇妙な天体ブラックホールはこの宇宙の中にどのくらいの数があるのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_87

車や電車、また人も動いてますが、その速度は想像できるレベルです。では私達人類が作り出した人工物の中で最速の物体はいったいどのくらいの速度を出しているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kilopower

現在誰も住んでいない月。探査機などが周回している程度になるのですが、世界最大の宇宙機関でNASAは今後10年以内に小型原子炉を設置し電力の生産を始めると発表しました。もちろん設置の理由は、有人月面探査です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_42

地球を公転する天体『月』。その表面は大小様々なクレーターがあるのですが、実はそのクレーターの中に原子サイズレベルの極めて小さいブラックホールの衝突により作られたクレーターが存在する可能性があると主張しているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image44

現在NASAが進めているのは再び有人月面着陸を実施するという計画です。これは最終的に有人火星着陸を目指すアルテミス計画に追加された計画になるのですが、着陸を一年延期した2025年に再設定したことなど、現在の対応に「楽観的すぎる」とNASA監査局が報告書を提出しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image5

古来から人間は金を崇め、装飾など地位の高い人がそれを身につけるということがされていました。現在は電子パーツなど装飾以外でも使われることもあるのですが、この金という元素について、どうやら中性子星という巨大な恒星の残りから生まれた可能性があることがわかりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スピンローンチ_2

現在宇宙にモノを送るには巨大なロケットが必要になります。当然非効率的な方法なるのですが、現状これ以外のものは存在しません。要は一昔前の蒸気機関車的な感じになってしまうのですが、ではもっとスマートに宇宙に送る方法は無いのか。その問題、スピンローンチがアメリカのスタートアップ企業で米軍と契約しているという『SpinLaunch』が解決します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ