ZAPZAP! 世界の面白いニュース

宇宙・天体

プロジェクト カイパー

アメリカを中心に大量の人工衛星を打ち上げ、アンテナ端末と電源があればどこでもインターネットがつながるという夢のような事業について、アマゾンが来年にプロトタイプとなる衛星インターネット用の人工衛星を打ち上げる計画があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_378

先日、韓国が開発した国産ロケットが最終段階でトラブルが生じ打ち上げが失敗したことに関して、第3段ロケットの酸化剤を加圧するシステムに問題が生じ、そこから酸化剤が失われたことでエンジンが早く停止していたことがわかったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_152

アメリカで開発が進められてるボーイングの宇宙船『スターライナー』。これはNASAとの契約し開発されたものになるのですが、2回目の無人打ち上げに関して打ち上げが延期され続けていることについて、事故原因は湿度で故障した可能性があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS

いつ開発が発表されたのか…もはやNASAの職員すらも覚えていないレベルのSLS(スペースローンチシステム)。これはもともとスペースシャトルに代わりNASAが運用するロケットなどという位置づけだった記憶があるのですが、先日よくわからないオリオンという宇宙船を先端に搭載する作業が終わり、一応形としては完成したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

オービタル・リーフ_1

現在宇宙に存在する宇宙ステーションは主に国やその元の組織が管理しており、当然使用するには国の許可が必要になってくるのですが、一方で近年民間企業が独自に宇宙ステーションを運用するという計画がでています。今回はアマゾンの創設者でお馴染みのブルーオリジンが計画しているオービタル・リーフです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_365

先日打ち上げに失敗した韓国の国産ロケット『ヌリ』。このロケットは韓国の独自技術で開発したなどと説明していたものの、この開発に携わった生き証人が、「ロシアのエンジニアが落としたり捨てた資料を分析して作った」などと公にするという理解し難いことを行っていることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_355

航空宇宙大手、アメリカのロッキード・マーティンは他社と協力して2027年までに地球軌道上に独自の商用宇宙ステーション『スターラブ』を建設するパートナーシップを締結したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_353

今月21日韓国の全羅南道高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた国産ロケット『ヌリ』初号機に関して、ダミーペイロードを衛星軌道にのせることができず、打ち上げは事実上失敗したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_310

現在、世界で唯一アメリカで民間企業による商業宇宙旅行が間もなく行われようとしていますが、いつものように今回も真似をしているのは中国です。最近、中国のCAS Spaceが弾道飛行を行う宇宙旅行計画を発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_291

長年使用してきたハッブル宇宙望遠鏡の後継として莫大な予算を当時開発してきた『ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡』、しかしここにきて命名されたウェッブ氏がかつて性同一性障害者を差別していたなどと真偽不明なことが界隈で指摘され、天文学者らが挙って名前の変更を求める活動を始めていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ