ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

カテゴリ:サイエンス・テクノロジー > 宇宙・天体

現在使い捨てとなっている兵器の一つとして軍事用人工衛星があります。これは民間の人工衛星も事実上使い捨てとなっているのですが、米軍は寿命の一つとなっている衛星に搭載された燃料を補給すぐ技術を採用していると報じられています。

先日アメリカのインテュイティブ・マシンズが行った民間初の月面着陸に関して、当初垂直に着陸したと発表していたものの、機体から送信されたデータから横倒しで倒れた状態になっていることが分かったと発表しています。

超大型ロケットとなる『スターシップ』。最新鋭ロケット(宇宙船)を米軍が強い興味を示していることは実は今に始まったことではありません。なぜ米軍はスターシップに興味を示しているのか今回は明らかになっていない意図を性能などから妄想していこうと思います。(前編はこち

昨年2回打ち上げられた完成すれば桁違いの運搬能力を持つことになるロケット、スターシップ。その2回目の打ち上げに関してなぜ空中で爆発したのかなど原因が発表されました。(画像はホットステージングのもの)

宇宙開発大国アメリカ。多くの民間企業が宇宙に産業している唯一の国ですが、その一つユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)は従来のロケットの後継として開発してきた新型のヴァルカンロケットを打ち上げると発表しました。