ZAPZAP!

宇宙・天体

image_160

現在NASAが開発中の新型ロケットSLS、スペース・ローンチ・システムに関して地上に固定する形で第一段階エンジンの燃焼試験が行われたものの主要パーツが破損したことで燃焼試験が中断したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

KOI-5-1

地球から1810光年先にあるKOI-5という3つの恒星がある惑星系に何らかの巨大な天体が公転している可能性示す研究結果が報告されました。この天体は当初発見されていたものの検出が難しくはっきりとしたことはわかっていませんでした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_161

ヴァージン・グループで空中発射ロケットで宇宙開発を始めようとしているバージン・オービット。先日同社が初めてランチャーワンという空中発射ロケットを打ち上げ人工衛星の展開に成功したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_158

アマゾンでおなじみのジェフ・ベゾス最高経営責任者率いるブルー・オリジンが開発を進めているニューシェパードという弾道ロケット。これに関して先日、有人打ち上げモデルとなるニューシェパード4と宇宙船の打ち上げに成功したと報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲートウェイ

日本政府によると、アメリカが主体となり将来の有人月面、火星着陸を実施する拠点となる月軌道上の宇宙ステーション『ゲートウェイ』に関して、NASAと覚書を交わしたとして正式に参画することとなったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_133

低コストでロケットを打ち上げる再利用型ロケット。これはロケット本体を地上に返すことが必須となるのですが、これに関して草分け的存在のスペースXは発射台を使ってロケットを空中キャッチする方法を進める考えを示しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_42

地球からも望遠鏡など使えば見ることができる月のクレーター。ほとんど風化が生じないため数億年前に形成されたであろうクレーターも存在し続けるのですが、先日新たに投入された人工衛星により、記録されていない新たなクレーターが約11万個発見されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_94

今月22日、中国の海南島にある文昌衛星発射センターから新たに開発された長征シリーズである『長征8号』の打ち上げに成功しました。長征8号は将来的に第一段目地球に返すことで再点検し再使用するという再使用型ロケットとして運用を目指しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターライナー

ボーイングが国際宇宙ステーションなど主に地球低軌道への人員輸送のためNASAとの契約し開発を続けている宇宙船『スターライナー』。これに関して2回目の無人飛行を2021年3月に行う予定を発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターシップ SN8

アメリカの民間宇宙開発企業『スペースX』は、運用を目指し開発を続けている超大型宇宙船、スターシップの8番目のプロトタイプに関して初めて高度12kmに到達する試験飛行を行ったものの、垂直着陸に失敗し爆発しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ