ZAPZAP! 世界の面白いニュース

宇宙・天体

image_105

地球に最も近い天体月。最近、この天体を利用することで例えば深宇宙を目指したり、宇宙観測に使用するという案がでているのですが問題はそこでどのように暮らすのかです。最近、人間に必要な酸素について「月の表面に大量の酸素がある」という研究が発表されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スピンローンチ_2

現在宇宙にモノを送るには巨大なロケットが必要になります。当然非効率的な方法なるのですが、現状これ以外のものは存在しません。要は一昔前の蒸気機関車的な感じになってしまうのですが、ではもっとスマートに宇宙に送る方法は無いのか。その問題、スピンローンチがアメリカのスタートアップ企業で米軍と契約しているという『SpinLaunch』が解決します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image11

2020年代にも再び有人月面着陸を実施することになったNASA。これに関してその着陸船開発に不採用になったのはブルー・オリジンら数社の機体案です。このことを受けてNASAを訴えたものの、当然棄却となったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドミトリー・ロゴージン氏

ロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスのトップ、ドミトリー・ロゴージン氏は自国の宇宙飛行士をアメリカのクルードラゴン宇宙船で国際宇宙ステーションまで飛行させることを進める計画をしていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクト カイパー

アメリカを中心に大量の人工衛星を打ち上げ、アンテナ端末と電源があればどこでもインターネットがつながるという夢のような事業について、アマゾンが来年にプロトタイプとなる衛星インターネット用の人工衛星を打ち上げる計画があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_378

先日、韓国が開発した国産ロケットが最終段階でトラブルが生じ打ち上げが失敗したことに関して、第3段ロケットの酸化剤を加圧するシステムに問題が生じ、そこから酸化剤が失われたことでエンジンが早く停止していたことがわかったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_152

アメリカで開発が進められてるボーイングの宇宙船『スターライナー』。これはNASAとの契約し開発されたものになるのですが、2回目の無人打ち上げに関して打ち上げが延期され続けていることについて、事故原因は湿度で故障した可能性があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS

いつ開発が発表されたのか…もはやNASAの職員すらも覚えていないレベルのSLS(スペースローンチシステム)。これはもともとスペースシャトルに代わりNASAが運用するロケットなどという位置づけだった記憶があるのですが、先日よくわからないオリオンという宇宙船を先端に搭載する作業が終わり、一応形としては完成したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

オービタル・リーフ_1

現在宇宙に存在する宇宙ステーションは主に国やその元の組織が管理しており、当然使用するには国の許可が必要になってくるのですが、一方で近年民間企業が独自に宇宙ステーションを運用するという計画がでています。今回はアマゾンの創設者でお馴染みのブルーオリジンが計画しているオービタル・リーフです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_365

先日打ち上げに失敗した韓国の国産ロケット『ヌリ』。このロケットは韓国の独自技術で開発したなどと説明していたものの、この開発に携わった生き証人が、「ロシアのエンジニアが落としたり捨てた資料を分析して作った」などと公にするという理解し難いことを行っていることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ