2022年ラファール空中衝突事故_3

海外メディアによると、フランスで開催された航空ショー(主に軍用機の展示飛行を行うイベント)で、ラファール戦闘機2機が空中衝突する事故がったと報じられています。

AIR LIVEによると事故があったのは現地時間5月22日日曜日午後12時40分でコニャック·シャトーベルナール(BA 709)空軍基地 (CNG)で開催されていた展示飛行中に発生しました。

BREAKING Two Rafale fighter jets collided mid-air during an airshow in France - AIRLIVE

記事によると、当時2機は戦術飛行という内容で、2機がグルグルと追跡しながら低空飛行するしていたのですが、その時に衝突する事故があったとしています。

こちらが当時撮影された衝突前後の連続写真です。


事故発生の時の展示飛行なのかは不明なのですが、当時このようなドッグファイトのような飛行を低空で行っていたことが伺えます。
2022年ラファール空中衝突事故_1
この動画には事故時の映像は含まれていません。ただこのように展示飛行中に両機がかなり接近する飛行も確認でき、このようなときに衝突したのではないかと考えられます。

2022年ラファール空中衝突事故_2

衝突したのは垂直尾翼の先端です。かすめるように衝突したことで折れて脱落しました。事故に関しては両機とも滑走路に安全に着陸することができたとしています。今回事故が発生した基地では既に司令官が状況を確認しているとしており、既に調査が実施されているとのこと。

▼ラファール
ラファール

航空ショーでは地上の人に見せるため低空で旋回するなど普段行わないような飛行を繰り返すことがあり過去にも地上に激突するなど事故が発生しています。今回は墜落には至らなかったものの、戦闘機であれば例えば主翼の先端部分が失われても着陸した例がいくつか報告されており、飛行面については特に問題はなかったと考えられます。

事故機については尾翼を交換するなどして修理も可能な状態ではないかと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加