image_166

地位の高い人間と合わせて埋葬される副葬品。これにより当時の技術水準など副葬品の価値以外の発見もできるのですが、海外メディアによると、スペインで発見された今から5000年前の墓からクリスタルで作られた短刀が発見されています。

スペイン・アンダルシア州セビリア県。ここにあるモンテリリオのトロスという縦に長い遺跡は2007年から2010年にかけて掘削されました。その中で非常に珍しい発見となったのがこのクリスタル製の短刀と矢じりです。

Scientists find amazing 5,000-year-old crystal dagger in Spain

この遺跡は全長44mもあるのですが、これまでの発掘で25人が埋葬されていることがわかりました。この人物は1人は毒を飲んで死亡したと考えられる男性の他、その多くが女性が埋葬されていたといいます。特に女性は首長と考えられる人物の骨に接するような形で埋葬されていたとのこと。

image_168

そんな遺跡から発掘されたのはクリスタル製の埋葬品。研究によると、少なくとも紀元前3000年、少なくとも5000年前に埋葬されたものと見ており、これ以外にも数万個の穴が開けられたビーズで作られた服など当時ごく一部の人しか着用することが出来なかったであろう副葬品がみつかったとのこと。

発掘された中で最も大きいクリスタル製の短剣は全長21cmあり、象牙で作られた鞘も見つかっており副葬品として一緒に埋葬されたことはほぼ間違いありありません。

image_167

実は遺跡が見つかったスペインの地域では周辺にクリスタルを採掘できるようなところがないといい、ド丘の地点から輸入されたものだと考えられています。もちろん、これら矢じりも含め当時極めて高度な加工技術が必要だったと考えられ埋葬された人の権力が伺え知る副葬品になりました。

クリスタルという鉱物が他の石と異なる見た目をしていることから、現代のようにパワーストーンのような効果があったと考えており、特に当時は生命力や魔力など生命に関わる何らかの力があると信じられていたとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加